東京都文京区 引越し業者

文京区で格安の引越し業者を1番簡単に探す方法

文京区 引越し業者

文京区 引っ越し 業者

文京区 引越し 費用

文京区 引越し 価格

文京区 引越し 料金

 

東京都で引越し業者を検索すると1500件以上あります。
こんなに沢山ある引越し業者から1社だけに絞り込むのは大変な作業です。

 

しかし、引越しにはお金がかかるのでできるだけ安く運んでくれる業者を探したいと思いませんか?

 

文京区 引越し 相場

 

文京区で安い引越し業者を探すなら、複数の引越し業者から見積もりを取る必要があります。

 

そこでおすすめなのが、引越し業者一括見積もりです。

 

運んで欲しい家財をチェックして、エレベーターの有無などの情報を1回入力するだけで最大10社から見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

大手から地域密着の引越し業者まで、200社以上が参加しています。

 

引越し相場はもちろん、最安値の業者も簡単に見つけることができますよ。

 

ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。
この時期は全国どこの引越し業者も忙しく、引越し料金も他の月よりも高めに設定されています。

 

では繁忙期とはいつのことで、なぜ忙しくなるのでしょうか?

 

ズバリ繁忙期とは3月のことです。
2月の終わりから4月の頭にかけて、繁忙期は続きます。

 

引越し業者が3月に繁忙期を迎える理由は、4月の新学期を前に新大学生や新社会人が大学や会社に通うために引越しをするからです。
さらに春は企業の人事異動もあるので、転勤のサラリーマンとその家族、単身赴任のサラリーマンの引越しも重なります。

 

つまりこれだけの人が引越しする理由があるわけですから、それは引越し業者は忙しいです。
スタッフを増員したり、何回も現場を回っても、すべての依頼を引き受けることができない日もあります。

 

もし繁忙期に引越しをするなら、新居が決まったらすぐに複数の業者に見積もりを依頼して一番条件の良い引越し業者と契約しておきましょう。
この時期の引越しはスピードが命です。

 

 

引越しのだいたいの手順を知っておきましょう

 

引越し手順

 

引越しすることが沢山あるので、だいたいの手順を把握しておくだけでも気持ちの負担が軽減しますよ。
ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけ並べても、することがたくさんあるように感じますね。

 

引越しといえばまず引越し業者の選定ですが、これはまず新居が決まってからがおすすめです。
なぜかというと、新居のエレベーターの有無やトラックを停める位置などによっても引越し料金が異なるからです。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからなのです。

 

さて次は不用品を処分です。
あとでゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶ費用がかかるのは勿体ないです。
売ったり、あげたり、捨てたりと処分をするにも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越しの2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外への引越しの場合は転出届を提出します。転出届を出さないと新居での手続きが進みません。
出し忘れるともう一度戻るか、郵送してもらわなければなりませんので手間がかかりますから、お忘れなく。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
詳細は各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
もし市内の引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届くようにすることができます。
最寄りに郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自己責任で運びましょう。
お金では弁償できないものもありますので、そういうものは業者任せにしないほうがいいです。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらはついつい忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

 

ペットの引越し

 

家を移るということはかなり大変ですが、犬を飼っている方の場合は 更に大変になると思います。
なぜならば、引越しする日、犬に引越しの邪魔をさせないように気を付けておく事が、必要です。
また、引越し先まで犬を連れて、引越し業者の車が着く前に間に合わないといけません。転居する際、大型自動車を停止したり、荷物を廊下に置いたりするため、事前に隣の家に挨拶に行くのが当たり前のことです。

 

車の利用や通行の妨げになりますので、前もって了解を得ておくと後々のトラブルも防止できます。引越し会社に依頼した場合は、そのような事も代行してくれます。

 

引越し業者へ頼むと、見積もりをいただけると思います。問題はないケースがほとんどですが、念のために確認をしっかりしておくことが良いと思われます。

 

その見積書にない内容にいたっては、追加料金をとられてしまう場合もあるのです。わずかでも疑問があったときには、できるかぎり契約前に、問い合わせをしてみてください。引越しを業者に要望する場合、ハンガーに吊り下げているコートなどの服を事前に脱いで畳んだりしておくことは不要です。業者がハンガーがかけられるでかめの段ボールを持ち込んできてくれて、それに入れてそのまま、トラックで移送してくれます。シワもくっつかないので、助けになります。引っ越しをしたなら、まずはネット回線を開かなければなりいません。

 

これまで使っていた会社を使えればいいのですが、引っ越した先次第では今使っている会社を使うことができない場合があるので、引っ越す前に、確かめておくことが大事です。インターネット業者に質問してみると、知らせてくれる場合もあります。「引越しソバ」という慣しとはリロケーションの際にご近所への初めましての挨拶としておすそ分けするものです。
私も一度頂いたことが昔、あります。細く長いソバのようなご縁をこれからもどうぞよろしくお願い致します。
というような気持ちが込められているそうです。
引越しをするとなると大変なのが掃除です。全部を家の外に出してから、もちろん、綺麗にそうじをしますが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのが最終的に楽になります。

 

要領よくするには、荷物をまとめるより先に、家の掃除を始めることだと思います。

 

そうすることで、ラストに軽く掃除するだけできれいになります。

 

引越しのその日にやることはポイントとして2つです。まずは退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いで部屋のありさまを見定めることです。ここで大きな汚れや傷を調査しますが、この点検が敷金の相殺や別途クリーニング費用の請求に左右します。
新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。

 

これは業者の立ち合いが必ず必要です。